ガトブロ@ニュース

毎日更新のガトブロ、エンタメからニュースまでお届けしています!

時代もここまできた!ワイヤレス充電

ワイヤレス充電器の対象機器等の画像

 

 

 

電源コードいらず?ワイヤレス充電

これを発見した瞬間

まじでか!!アイアンマンみたいな世界になるのか!』なんて

めちゃくちゃテンションが上がりました

 

そもそも、ワイヤレス給電って何?って思う方への説明

ワイヤレス給電とは

ワイヤレス電力伝送」「非接触電力伝送

無線電力伝送」「空中給電」などの複数の呼び方がありますが

ワイヤレス(繋がらない)状態で給電(電力を供給)できる」技術

 

すごいですよね!?要するに、電源コードなしで

携帯の充電ができるようになったり

パソコン周りの、あのごちゃごちゃしたコードが

きれいさっぱり使わなくなるってことですよ!

 

製品化されている『ワイヤレス充電式の物』

現在、製品化されているワイヤレス給電式のものと言えば

 

こちらの置くだけで充電できる、『ワイヤレス充電器

一体どんな方法で、充電が可能になっているのか?

それは、『電磁誘導による、非接触での充電を可能にしている』事です

置くだけで充電できるワイヤレス充電器の説明

出典:ドコモ通信 vol.51 | 企業情報 | NTTドコモ

また、上記のワイヤレス充電器以外にも使われているものがあり

こちらの『ワイヤレス充電式、電動歯ブラシ』等があります

 

これに関しては、以前からある物なので結構知ってる方もいるのでは?

ここまで日常生活に、浸透してきている電子機器もとい

ワイヤレス給電は将来どのように活躍するのでしょうか?

 

部屋のどこに置いても、充電できる

現在、充電できる環境は

ワイヤレス充電式の機器に、充電したい物(スマホや歯ブラシ等)を

機器の上にのせて、触れた状態で充電することが来ます

しかし技術の発達により、将来的には部屋のどこに居ても

好きなときに、好きな物を充電できる可能性があるそうです

 

しかし課題として残っている点もあり

1つめは、充電するための電力を、どうやってワイヤレスで飛ばすか

これは現在研究が実用化した、『磁器共有』をつかえば

将来的には、冷蔵庫やパソコンなどをワイヤレスで充電できると言われています

 

2つめは、その『磁器共有』を増幅させること

磁器共有で電力をあげたとして、人体や家財などへの

悪影響がないか?という観点が懸念されているようです

 

ですがこちらについても、研究自体は継続されていますし

特に日本の精密機器に関する、安全面の考慮は

他国よりも、かなりレベルが高い位置にいると言えるので

意外にすぐクリアする課題なんじゃないかな?って考えてます

 

まとめ

 

以上の課題を踏まえて、要点をまとめてみると

必要数の電力をそろえ、安全面を確保できれば実用化できる

という風な意見にまとまることが出来るが、個人的には

実際には完成しているんだけども

販売してないだけなんじゃなかな?とか少しばかり期待しています

 

今後この分野が進んで、スマホの様に日常に当たり前に必要な物

という風になってきたら、いろんな可能性が広がります

カフェに出かけた時に、机に置いたら充電してくれる

移動する際の電車の中で、使用しながら充電できる等

日常生活でバッテリーを気にしなくても良くなるって事ですよね

 

実際にいつごろ、実用化されるか等は

まだはっきりと分かっていませんが、今後の動向を

良くチェックしていきたい分野だと思います