ガトブロ@ニュース

毎日更新のガトブロ、エンタメからニュースまでお届けしています!

ミニマリストが何か分からなかった

タイトル画像

この記事は3分位で、読むことが出来ます

 

初めて、ミニマリストと聞いたとき

『なんだ・・・?フィギュアとか集めてる人・・?』なんて思ったり

『ミニ・・・?モーニング娘かな』等、まったく違う事を考えていた

 

実際に調べてみると、ミニマリストとは最小限の持ち物で

自分の生活を満たしていく人達の総称だった

いつからこんな言葉が流行りだしたのかも、気になったので調べると

2010年辺りに海外で流行りだし、日本に渡ってきたようだった

 

有名な著名人で言えば、Appleのスティーブ・ジョブス

あの方も服を同じものを、制服の様に着回し

朝、服で悩む無駄な時間を節約していたと言う

 

更に気になり、ミニマリストの定義を調べてみたが

これといった定義は無いらしく

自分がミニマリストだと言えば、そうなるらしい

良くはてなブログで見る、ミニマリストの方々が違った意見をするのも

各々、自分に合った定義を見つけてるからだろうなと思った

 

 

経済的には良い事じゃない

 

そんなミニマリストも、良い事だけではなく悪い面もある

経済効果に対する面だ

 

ミニマリスト=必要最小限の物で暮らすことをモットー

これはミニマリスト全体で共通している定義だと思う

持ち物を最小限で済ます事は、無駄な物を買わずに済み

懐にも優しい生活が送れるという訳になるが

 

やはりそれだと、日本の経済的には良くない

お金を消費することで国内の経済が回るのは当たり前のことで

もし、皆が皆ミニマリストになってしまうと

極端に言えば経済が回らなくなってしまう可能性もある

 

まぁ、最小限だけど家具1個に100万とか掛けてる人は別

というより大体のミニマリストさんは、100均とか自作とか

エコっぽい事をやっているはずですし

 

景気が悪いせいか、全体の給料が下がっているような風潮もあり

生活で余裕がなくなってきているって事もあると思います

 

経済成長やテクノロジーのおかげ

ふと調べていて気が付いたのは

ミニマリストとして生活できるのは、社会的な要素のおかげだと思った

 

昔なら物を調べるのも図書館に行ったり、本を何十冊も持たなければ

調べることが大変な時代だったが

今ではスマートフォン一つで何でも調べれれるし

自転車や車がなくても、ネットで買い物だってできるわけで

社会的インフラや物流が整っているから出来る事だと気づき

 

必要最低限にしたら生活が豊かになった訳ではなく

豊かな日本だから、必要最低限で生活が出来るんだなと感じた

 

先ほど述べた、スティーブ・ジョブスに関しても

ミニマリスト的生活を始めたのは、お金持ちになってからだという

ただし、経済的社会的背景を理解したうえで

買うものは買って、必要最低限なものはそれで生活をしたようだ

 

文明的生活に背を向けて、『俺、私かっこいい!』みたいな方が多いが

文明的生活があるからこそ、ミニマリストという生活スタイルが

確立できていることを今一度確認してほしい

 

 

 

生活を不便にする事とミニマリストの違い

 

生活を不便にすることが、ミニマリストの様に見える記事なども

チラホラ見かけたりするのだが、それはどうなのかと思う

 

掃除機=ほうきに変える 炊飯器=釜に変える

 

必要最低限で生活することがミニマリストの全体定義だとは思うが

生活を不便にする事に関しては、エコや修行の類ではないかと考える

 

車や自転車を持たない事に関しても、実は都市機能が活発な所だから

出来る事であって、電車も整っていない田舎でやろうとすれば

生活が不便になる所の話じゃなくなる

 

生活を切り詰める事=生活するのが大変な人ってだけで

ミニマリスト=必要最低限で豊かに生活できる人だと考えている

 

まぁ、長々とミニマリストへの話をしていたのだが

単にミニマリストが嫌いという訳ではない

都市型ミニマリストは、物流やインフラを理解した上で

ミニマリスト生活を行っている人が多い

 

だが意見として、文明否定インフラ否定をする人等も多いわけで

その矛盾はどうなんだ?という事を言いたかったわけです