ガトブロ@ニュース

毎日更新のガトブロ、エンタメからニュースまでお届けしています!

6月1日からビール値上げ、不信の声

ビール値上げに関連する画像

 

 

ビール値上げや、公共料金値上げが始まる

6月1日からビール値上げ、バター、はがき、電気料金も

一気に値上げが始まることになりました

 

人件費がこれから高くなるという事で

一気にビール値上げ、公共料金値上げが始まるそうですが

 

 

市民からは不満、不信の声、、、だけだったらまだしも

酒屋さんからも『政府なにやってんの?』との声も出ています

改正酒税法ができたせい

法改正をした理由は、ビールなどのお酒類を

専門的に売り出している酒屋を守るため

 

しかし、何をどれだけ値上げするか

ちゃんと決まっていないと言われていて

 

この改正酒税法を考えた人は

どうかしてるんじゃないだろうか?と言われている

 

一般市民は、困惑しつつも

近くのスーパーに駆け込み、ビール類の買い占めを始めている

 

一般市民やスーパーに関連する業者は

ビールとか酒は生活に必要になっているものだから

誰もこんな法改正、守るわけないだろうね

 

厚生年金もあがって、手取りは減ってる

電気代もあがって、ビール値上げとかお先真っ暗じゃないか』とコメント

 

法改正を守らないと、免許が停止?

過度な安売りをやめさせる、という名目で始まったビール値上げ

スーパーに人を呼び込むために、様々なスーパーが

必死にビール等の値下げをしてきたのだが

 

そのやり方に問題があったのだと政府は言う

 

赤字覚悟でビールの値下げを行っていても

大手メーカーから、『奨励金』というものがスーパーはもらえるが

 

小売店、専門店にはその『奨励金』をもらうことが出来ず

どうしても、スーパーなどに対抗できなかったそうだ

 

これに対して、政府はスーパー側と大手メーカーの

奨励金』システムが『不正行為』という風に認識

この行為を続けるのなら、免許が停止されるというが

 

それならば、ビール値上げなどをして一般市民の生活を

更にきつくするのではなく

 

不正行為』のやり取りを修正すればいいだけだと思う

 

元は『町の酒屋さんを守る国会議員の会』

こちらの記事で、インタビューをされている記事があった

www.j-cast.com

 

国会議員を取材している記事なのだが

どうにも様子がおかしかった

 

町の酒屋を守る』と名目を出しているのだが

会の会長に話を聞くと

酒屋を守るのではなく、人々の健康を守る』と言ったそうだ

要するに、人々全体の飲む量を減らしたいって事

 

いやいや、もう変ですよね

お気づきの方がいると思いますが

 

酒屋を守る気ゼロですよね、飲む量減らしたいって言ってますから

むしろ酒屋をつぶす気で動いてるんじゃないかと

 

名目とやっていることが、反対すぎて

一般市民からは不信の声がチラホラでています

 

要するに、税金が欲しいだけでしょう

ビール値上げがかなり悪徳手法にしか思えない

 

俺たちの生活を出汁にして

自分たちが楽しく、ビール飲みたいんだろうな国は』等

 

もう、どうしようもないんじゃないかってくらい

めちゃくちゃ言われていますよね

 

気になる、ビール値上げなどの値段は?

さて、公共料金やビール値上げでの

料金はいくら位になるか心配ですよね

こちらに記載していきます

 

バター:約5円程の値上げ

通常ハガキ:52円→62円 約10円程の値上げ

 

そして気になるビール値上げについてですが

こちらはちょっと特殊になります

分かりずらくして、税金を取るんですかね

 

正当な理由なく、酒類を当該酒類に係る

売上原価の額と販売費及び一般管理費の額との

合計額を下回る価格で継続して販売すること

 

まぁ、要点だけまとめると

人件費、原材料などを含めた原価より

低い値段で酒売ったら、捕まえるぞ』って感じです

 

だから、下手すると2倍近くになる可能性もありますよね

今のうちにビール値上げを、恐れている方

まぁ、ビール好きの方などは、買い占めていた方がいいかもしれませんね

 

財務省の手口?

 

 

売れている商品に、税金をさらにかける

これが財務省の手口なんだよね

消費者とメーカーなんて、何とも思ってない

税金を取れれば、自分たちが良ければいいんだよ』 

 

消費税10%が目の前だから

今のうちに、ビール値上げ等をしておけば

目立たずバッシングもされないだろ

そんな風におもってるんだよ、あの人達は』等

 

これまでも、『極ZERO』のビール値上げを

いきなり起こした経験もあり

業界やメーカーの人たちからすれば

また財務省が、悪徳手法を考えてきたよって思ってるそうだ

 

財務省への不信、苛立ち感が

ネット上や現実でも、日に日に増えている

 

まとめ

結局の所、国は市民やメーカーの事は

それほど考えていないのだろうか?と感じる節がある

 

それを知っているからこそ、メーカーや業界の人を含み

ネット上、現実でかなりの批判が起こっているのだろう

 

消費税がこれから10%になろうとしている中

ビール値上げ、公共料金値上げと進み

手取りもそれほど上がらない現状で

 

これから、日本に住む人たちに

安定した生活を送ることができるのだろうか?