ガトブロ@ニュース

毎日更新のガトブロ、エンタメからニュースまでお届けしています!

圧迫面接は無駄な行為

圧迫面接は無駄な行為のタイトル画像

 

圧迫面接について

皆さんは就職活動中に

どこかの面接で、圧迫面接の経験はありますか?

 

圧迫面接が流行った時期から比べると

現在、落ち着きを増しているようですが

それでも、圧迫面接を推奨している会社があります

 

一体何故、そんな無意味の様な事をするのでしょうか?

 

面接官を担当している人の話や

就活を体験した話を元に、チラホラ書いていこうと思います

 

 

 

 

圧迫面接で希望者の能力を測るため?

 

圧迫面接を何故行うのか?と気になりますよね

そんな事しても、企業側にも就職する側にも

何にもメリットなんてないでしょ?と思うのが普通です

 

しかし、圧迫面接をすることには

人材のランクを測る為の要素があるらしい

 

・恫喝や圧力に屈しない、気力があるか?

 

何を言ってるんだこの人は?ってなりますよね

まず第一に、恫喝や圧力をかける会社が

健全な会社な訳がありませんし

 

取引先が恫喝や圧力をかけてる場合も一緒

そんな所と取引している会社はあり得ないでしょう

 

・いきなりの事態に対して、応用力を見ている

 

法的な問題や、会社の評判を落とされたいのでしょうか?

例えば高圧的な態度で『なんで来たの?』位でしたら

まだ応用力を見る、という観点はわかりますが

 

面接希望者の、身体的部分への指摘や

まったく関係ない所での罵倒(家族、趣味等)を

行う面接官には、社会人である前に

非常識すぎるのでは?という意見も多いです

 

 

圧迫面接がチャンスではない

 

圧迫面接が、就職活動での場で

チャンスになる!しっかりした会社!等を

紹介している所はたくさんありますが

 

実際そうだと思いますか?

社会に出てみると、ストレスが日常茶飯事

いきなりの事に対応力が求められる!

だから必要な圧迫面接を行うんだ!っていうのが

圧迫面接を行っている側の意見だと思います

 

ですが、社会人にまずそれを求める事自体

おかしい事だと私は考えています

 

ストレスを上手く付き合っていく方法や

対応力、応用する技術などは

社会に出る前ではなく、会社に入ってから

しっかりと培っていくものだと考えているからです

 

そして、元々そのような技術を持っている

新社会人の人たちは、圧迫面接をするような

会社に入ったとして、長続きするでしょうか?

 

私はそう思いません

それほどの能力を持った人であれば

すぐにそんな会社に見限りを付けて

しっかりとした会社に移るはずです

 

人材不足で、すぐにでも能力がある

即戦力を求めたいのは分かりますが

 

それで成り立っている会社はどれほどでしょうか?

人材不足だからこそ、一から育てていこうという

気持ちが大事なんではないでしょうか?

 

 

圧迫面接官の気持ち

 

圧迫面接を行っている側はどう思ってるの?と

気になる方もいますよね

 

・見込んだ人だからこそ、圧迫で測る

 

 

見込んでいる人だからこそ、内定を取ってほしい

圧迫に負けてほしくない、君ならできる!だそうです

 

これを聞いて納得できた人はどれ位いますか?

 

小学生レベルだと感じるのは私だけでしょうか?

好きな子だから!意地悪してるんだ!』的な

 

 

逆なんじゃないでしょうか?

見込んだ人だからこそ、しっかりと話し合い

相手の事を信頼できる関係を作り上げていくことが

面接官の仕事なのでは?

 

 

・日頃のストレスを吐き出している

 

面接官も会社員です

ストレスは日々たまっていき、吐き出すところがない

 

だから面接を行った時、悪いところを見つけ

上げ足を取ったり、ストレス解消を行う人

 

こちらは論外といえば、それだけなんですが

実際こういう面接官がいることが問題なんです

 

会社の人間じゃないし、若い奴だし

そんな軽い気持ちでストレス発散の相手にしている

こんな面接官は、学校側に報告されますし

下手をしたら会社のイメージを落とします

 

皆さんも、こんな面接官にあったときは

しっかりとした報告をした方がいいと思います

 

見分け方としては

・もの凄く態度が悪い(社会人らしくない行動)

・仕事に関係ない所で罵倒する(身体的な事、趣味、家族)

・ただの暴言に近い事を繰り返している

 

面接希望者に非がある場合

 

面接官だけが悪い!と言う人もいますが

面接を受ける側に問題がある場合があります

 

面接希望者の態度が悪すぎたり(口調、態度)

この会社を選んだ理由をしっかり、説明できない等

面接希望者の方に非がある場合等

 

しっかりと何故、不採用なのか説明しても

納得のいかない面接希望者が駄々をこねて

最終的に『圧迫面接だ!』と理不尽なことを言うケースもあります

 

暴言を言う面接官も悪い対応だとは思いますが

暴言を言わせるような、面接希望者がいる事も事実です

 

もし圧迫面接をする会社だと

ツイッター等のSNSで流れたとしても

自分で確かめたわけじゃありません

 

もしかしたら、その人に都合のいいように

話を盛っている可能性だってあるんです

なので、しっかりとした判断をすることが

重要な事なんではないでしょうか?

 

圧迫面接をしている人ってどんな人?

 

 

圧迫面接を行っている場所が全て

おかしい会社という訳ではありません

 

じゃあどんなパターンがあるかと言えば

 

・会社はまともだが、人事部だけおかしい

 

よく会社員をしている友達などから聞く愚痴に

人事部はOOって言葉を聞いたことはありませんか?

実際におかしいだろ、此処の人事部』って場所は

大手企業の中でも、結構あるんですよね

 

仕事を増やしたくない人事部が

あえて圧迫面接を行って、採用しないって事もあります

 

相手側から断ってほしい為

普通の面接だと、内定を出した時に受かってしまう

なので圧迫面接を使って内定を出した後に

わざと辞退してもらう方法などですね

 

こんな事してたら、いつかばれるだろ!って思う人もいると思いますが

意外にこんな事もばれないのが日本社会なんですよね

 

・担当しているのが評判が悪い人

 

会社はしっかりしてるし、人事部も仕事をしている

 

だけど、やっぱり1人や2人

会社に変な人っているのが現在の日本社会

簡単にクビにするわけにもいかず

評判は悪いけど、なぜか会社にいる人っていますよね

 

会社でも評判は悪いのだが

たまたま、その人にあたってしまうケースです

 

そんな人を担当にしている会社も問題ですが

どうしても人手が不足しているって場合もあります

 

これに関しては、予防策も何もないので

会社側も面接希望者も、運が悪いとしか言いようがありません

もし圧迫面接官に当たってしまったとしたら

学校側にきちんと報告をしたり、会社側にも連絡したほうが良いでしょう

 

 

まとめ

色んな場所で、圧迫面接はチャンスだとか

そうすることで、相手の能力がわかるから!等言ってますが

 

チャンスでもないし、能力が測れたとしても

そんな会社で皆さんは働きたいとおもいますか?

 

人に簡単にそんな態度が取れるのに

会社内で良い雰囲気が作れてるなんて、到底思えません

 

以前に比べて圧迫面接が激減してはいますが

やはりまだその方法を推奨している会社もあります

 

そんな場所に当たってしまった場合は

学校、会社に連絡をいれて

しっかりとして対応をすることや

皆さんが自分にあった会社を見つけることが重要になります