ガトブロ@ニュース

毎日更新のガトブロ、エンタメからニュースまでお届けしています!

部活指導、国家資格が必要に

部活指導者の、国家資格取得が必要に

 

自民党の政策として、部活を指導するものは

一定の知識や技術がないと行けないとし

また、国内の部活動のレベルや安全性をアップさせるため

国家資格を導入する動きが見られている

年内である程度の整備をし、来年には実行する様だ

 

各種目の人材を、外部から取り入れる代わりに

長期残業が問題になったり、専門的な技術のない

教師の負担をできるだけ、減らしていこうという配慮が見える

 

 

国家資格については

教師、または外部人材が取得することができ

『スポーツ専門指導員』と名前をつけ、指導員という国家資格で

信頼度を上げていこう、というのも目的の1つだが・・・

 

 

 

噂されるのは、『天下り先を増やしただけ』

 

この話を聞いた、地域の方やネット上では

『天下り』という疑念が渦巻いている状態だ

特に最近文部科学省の天下りで、不審が募っていますから

『部活指導員』なんて体の良い物を作って

また天下りを続ける気か!と憤慨されている一面もあります

 

また、本当に部活指導を国家資格する必要があるのか?

そう問われれば、一概に天下りだけでは終われない

事実、経験者ではない教員が部活を教えている事

素性が明らかではない物が教えている事

 

こういった問題に対し

ある程度の身元の保証や、教員の認識の改め等

多少はっきりとしたメリットもあるだろう

 

 

 

一部では部活動を軽視する教師も

 

以前この様な、ブログを見たことがある

『教師から外部コーチへ対する、理不尽な態度』といった内容だ

 

部活動の管理を行っておらず、大会のスケジュール調整等を放棄

審判をする予定なども入っていたが、面倒になりキャンセル

結局がんばってきた生徒は、大会に出れずじまい

 

その時コーチに言い放った言葉は『所詮、部活動ですから』

とてもひどい言葉だと感じた、いまだにこんな教員がいるのかと

 

その背景には、様々な事情があるだろうと思うが

やはり指導者が、軽視されている現状が一部あるという事だ

 

こういった問題に対しても

地位向上を図ったり、学校内の意識を変えるためにも

この資格が、有効化されていくのだと思う

 

 

 

ネットでの意見など

 

『天下りが増えていくだろうな、また協会とか

委員会等が無駄に増えていき、それに対して教師の負担が増えたら

元も子もないだろうに、いい加減にしてほしい』

 

『当然実務経験のみ募集とかして、新規で資格とった人間なんて

絶対入れないようにするだろこれ、身内で固まって

はい、じゃあいつもどおりですねって、おかしいだろこれ』

 

『天下りだろうと感じるが、実際地元の経験者なんてダメ

しっかりとした知識を持った人間が、責任をもってやらないと

学生達の為にはならないでしょう?』

 

『部活指導員が天下りなわけじゃない、資格を作るってことは

その資格を管理する独立行政法人がある、そこで天下りが発生するわけ

というより、試験管は誰がやるの?こんな意味不明な資格で』

 

『国家資格とかいってるけど、実際やとったらどうなるの?

どうせ今と変わらない日当3000円とかでしょ?

あきらかに、出だしからコケている無意味な政策』

 

『多分、親からのクレームもあるんだろうね

クレーマーが最近多いから、『資格をみせろ!』とかいって

現場をこまらせてるんでしょ、最近わがままな親おおすぎ』

 

『これから、どんどんコーチの資格化が増えてくぞ

そのうち野球専門資格者、音楽トランペット資格者とか

資格が増えてくたび、天下り先がどんどん増えていく

そしたら、年金や税金がどんどん上がって行くんだろ?』

 

『資金の透明性をしっかりだして、資格を天下りなんかではなく

学校にしっかりつかってますよ!とか今までやってたら

こんなに批判されることもなかったんだろうな

自民が悪いのか、以前から天下りを残していた

民主がわるいのか、結局一部のお偉いさんが得するシステム』等

 

天下りだと完全に、疑われているコメントが多い

また、親からのクレームがあった為や

資格者が増える事でのメリット、デメリットを上げる声もある

 

 

個人的な感想

 

結局のところ資金性が不透明なので

国民に大事な部分は伝わらないと感じます、天下り

ただ、部活動の透明性が出てくる分が良い事かと

この政策をしっかりと立案できるのなら

学校側にも、生徒側にしっかりと指導ができるので

一概にすべて、ダメだとは思いませんが

資格者の給料が気になるところです

 

 

では、部活指導者、国家資格が必要にでした。